地域との交流 |  2021/01/12

和光大学では、毎年、大学下の岡上田んぼで岡上川井田地区・岡上西町会と合同で伝統行事「どんど焼き」を行っており、大学と地域をつなぐ象徴的な行事となっています。

ライトアップの演出を行っている経済学科・伊藤隆治先生からメッセージが届きました!



今年のどんど焼きは、2021年1月10日(日)にどんどの櫓を立ち上げ、14日(木)に火をつける事になりました。

毎年、経済学科 伊藤隆治ゼミでは地域と大学有志で組み上げたどんど焼きの櫓をライトアップとライトアートで演出しています。
しかし残念ながら今年は、新型コロナウイルスの感染が拡大している為、学生の協力は泣く泣く諦める事とし、限られた時間の中で、私ひとりでも出来る演出量とさせていただきました。

今回のライトアップについては、新型コロナウイルス感染者の対応に励む医療従事者への感謝と応援の気持ちを込めてブルーでライトアップしました。和光大学、岡上地区からの感謝の発信です。




地域との交流 |  2018/03/05

2018年2月17日(土)に開催された、地域連携研究センター主催シンポジウム「地域におけるスポーツ教育の推進〜オリパラ教育において、大学、地域、アスリートが果たすべき役割〜」の模様が、『タウンニュース(麻生区版)』(2018年3月2日号)に取り上げられました。

続きを読む

地域との交流 |  2018/02/21

和光大学地域連携研究センターは、鶴見川流域の水循環系の健全化に多大な貢献をしたとして表彰され、2018年2月10日(土)に、岩本陽児 同地域・流域共生フォーラム代表が横浜市内で表彰状を授与されました。
これは、「第一回鶴見川流域水循環系健全化貢献者表彰」として、鶴見川流域水協議会および国土交通省関東地方整備局京浜河川事務所により表彰されたものです。

続きを読む

地域との交流 |  2018/01/18

和光大学では、毎年、大学下の岡上田んぼで岡上川井田地区・岡上西町会と合同で伝統行事「どんど焼き」を行っており、大学と地域をつなぐ象徴的な行事となっています。
当日までのあいだ、夜はライトアップされているので小田急線車内からご覧になったという方も多いのではないでしょうか。
この演出は、経済学科の伊藤隆治先生によるものです。

続きを読む

地域との交流 |  2017/02/08

2月6日(月)に、銀座NAGANO(銀座にある長野県のアンテナショップ)にて、和光大学、長野県小川村、NPO法人「美しい村小川村・絆のネットワーク」の三者による事業連携に関する協定書の調印式が行われました。
日本の里100選にも選ばれている小川村へは、多くの学生が訪れ、現場体験学習を行っています。
今後、和光大学、小川村、NPO法人「美しい村小川村・絆のネットワーク」の三者で事業連携をすすめ、フィールドワークをはじめ、都市部と農村部をつなぐ架け橋となる活動を通じての村づくり・地域活性化の取り組みをさらに強化していきます。

続きを読む

地域との交流 |  2016/11/02

今年も、和光大学芸術学科が協力し、川崎市麻生区の黒川地域を舞台とするアート・プロジェクト「サトヤマアートサンポ2016」が開催されます。
11月12日(土)~11月20日(日)の展示期間中、11月12日(土)には芸術学科・半田先生による「里山アートをめぐる散策ツアー」、11月19日(日)には芸術学科・佐藤勲先生による「緑と道の散歩道in黒川2016ツアー」も行われます。みなさま是非お越しください。

続きを読む

地域との交流 |  2015/10/24

10月31日(土)~11月7日(土)に、川崎市麻生区黒川地域にて、里山アートを楽しむ企画展 「サトヤマ・アート・サンポ」が開催されます。 里山アート作品は、和光大学芸術学科の教員・学生・卒業生が中心となり、 明治大学の学生・地元農家・小学生などが一緒になって制作し展示しています。

続きを読む

1 2 3 4
最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ