イベント |  2009/05/19


5月17日(日)、国際交流センターの主催で「五月晴れハイキング」がこどもの国で行なわれました。当日は、留学生やサポート学生、教職員ら44人が参加。サポート学生の企画で、連想ゲームや大縄跳び、園内散策などを行い、親交を深めました。
 
R09.JPG


 R01.JPG R02.JPG
▲朝9時に大学に集合。天気はあいにくの下り坂でしたが、大学の地元・岡上を抜け、横浜市青葉区のこどもの国まで歩きました。
 
R04.JPG R05.JPG
▲こどもの国に到着。まずは本日の主催者、佐治俊彦・国際交流センター長(写真左)と、サポート学生のみなさん(写真右)から挨拶がありました。
 
その後は、連想ゲームやピンポンリレーなどをグループ対抗で行ないました。サポーターが出したお題を、身振りだけで次々に伝えていく「連想ゲーム」では、「野球」が最後は「ゴルフ」になっていたり、「猿」が「鳥」になっていたり、「シャワー」が「お化粧」になっていたりと、珍回答が続出しました。
 
昼食をはさんで、午後は全体ゲームを楽しみました。大縄跳びは、みな終始本気モード。中国語で「一、二、三…」、「下一個!(シャーイグ)」(「次!」という意味)と掛け声が響きました。
 
R06.JPG R07.JPG
 
その後は、コースに分かれてローラーすべり台で遊んだり、湖でいかだに乗ったりと園内を散策し、最後はミルクプラントに集合。名物のソフトクリームを味わい、帰路につきました。
 
R10.JPG R08.JPG
 
この日、サポート学生のみなさんは、ハイキングの企画・準備はもちろんのこと、ゲームの進行役や、写真・ビデオ撮影、昼食の配布・片付けなど、運営全般を手がける活躍ぶりでした。
 
DSC_0005.JPG DSC_0003.JPG
▲サポート学生が作成した「五月晴れハイキング」のしおり。
 漢字には"ふりがな"がふられており、心遣いが感じられました。
 
★留学生歓迎会の様子はこちらをご覧ください。
 http://www.wako.ac.jp/blog/index_univ/1289.html
 
★国際交流センターの活動内容はこちらをご覧ください。
 http://www.wako.ac.jp/exchanges/index.html
 
★この情報は、学生支援室と国際交流センターから寄せられました。
 

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ