教職員から |  2014/05/28

6月7日(土)、8日(日)に、兵庫県立芸術文化センターにて 総合文化学科の酒寄進一先生が翻訳された『罪悪』(東京創元社)より、 「鍵」の朗読公演が行われます。 朗読を担当されるのは、俳優の橋爪功さん。 8日(日)2:00PMの部では、終演後に、酒寄先生もご出演される、 アフタートークも開催されます。

続きを読む

教職員から |  2014/05/07

5月17日(土)、日本ペンクラブ主催のシンポジウム「子どもの本の翻訳を考える」に、 総合文化学科・酒寄進一先生(専攻:ドイツ文化、児童文学)がパネリストとして参加されます。 興味のある方は、ぜひお出掛けください。

続きを読む

教職員から |  2014/04/15

『現代思想 2014年5月臨時増刊号 総特集=折口信夫』 [ムック] 第42巻第7号 に、
総合文化学科の村井紀先生のエッセイ「再説・反折口信夫 神道の戦争責任」、
同じく総合文化学科の上野俊哉先生の論考「もの狂いの存在論」、
そして山本ひろ子先生の論考「作劇の構想力 『花の松』を読む」、
と総合文化学科の先生の三本の文章が見事な揃い踏みで掲載されています。

続きを読む

教職員から |  2014/04/09

総合文化学科の酒寄進一先生が翻訳したフェルディナント・フォン・シーラッハ作『コリーニ事件』(東京創元社)が今年の本屋大賞第3回翻訳小説部門で2位になりました。
第1回で1位になったフェルディナント・フォン・シーラッハ『犯罪』(東京創元社)、第2回で3位になったネレ・ノイハウス『深い疵』(東京創元社)につづいて3年連続の入賞です!

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48
最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ