公開講座 |  2008/07/25


7月19日(土)レクチャーコンサート「絵画より復元された楽器たち〜中世ヨーロッパの音楽を楽しむ」が開催されました。梅雨も明け、ゆうに30℃を越す真夏日に、100人を超える方が来場してくださいました。ありがとうございました。

古楽器の演奏だけでなく、絵画から読み取るその時代の音楽生活、絵画に描かれた楽器が象徴するもの、その意味。
そんな講義や古楽器の説明を受けてからの演奏は、一段と味わい深いものになったのではないかと思います。

少しですが、当日の様子を写真で紹介します。


DSCF1601.jpg
▲間近で演奏を聴くことができました。

DSCF1606.jpg
▲楽器の説明をする近藤治夫講師(左)と中川つよし講師(右)

IMGP5898.jpg
▲バグパイプなどを演奏しながら、教室を歩くパフォーマンスも!

DSCF1593.jpg
▲休憩時間には、古楽器の周りにたくさんの方が集まっていました。


中川つよし講師と名倉亜矢子講師は、オープン・カレッジぱいでいあで講師を務めています。
中川講師は「クラシック音楽を楽しむ―西洋音楽史入門」「リコーダーをたのしむ」、名倉講師は「アカペラを楽しもう」をそれぞれ担当します。
秋期パンフレットは、8月中旬発送予定、現在、資料請求を受け付けております。

お問い合わせ・資料請求はコチラ

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ