教職員から |  2008/07/17


日本図書館協会発行の『図書館雑誌』7月号で、「図書館における仕事の伝承」という特集をはっており、そこに「利用者とともに培う図書館力 -和光大学附属梅根記念図書館の場合」というタイトルで、本学図書館の沢里事務長が執筆した論文が掲載されています。
 
thelibraryjournal.JPG


『図書館雑誌』は、図書館の仕事に従事していなければ、おそらく一生目を通すことのない(と思われる)機関誌ですが、7月号には本学図書館の舞台裏を知るにはもってこいの内容が掲載されています。

たとえば、今年の1年生全員が受講した図書館オリエンテーションの舞台裏、図書館サービスを充実させ、なおかつ、図書館スタッフ全員の力量を高めるための組織作りの秘訣など、さながら図書館版プロジェクトXといった印象です。

『図書館雑誌』は普通の書店などでは手に入りませんが、本学図書館で手に取ることができます。ぜひご一読ください。

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ