教職員から |  2008/07/08


芸術学科の津野海太郎先生(専門は出版・編集論)の単行本『ジェローム・ロビンスが死んだ ミュージカルと赤狩り』が、平凡社から出版されました。
 
tsuno.jpg
 (本書の内容)

「ウエスト・サイド物語」の振付家ジェローム・ロビンスは臆病な「密告者」だったのか? 現代アメリカを代表するダンス界の巨匠の栄光の生涯に潜む影を「ユダヤ」「ゲイ」「共産党」「赤狩り」を軸に鮮やかに描く。
 
定価2940円(税込み)、四六判、352ページ。平凡社。
 
ぜひ、手にとってみてください★

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ