卒業生の近況 |  2008/04/30


文学科卒業生の堀内亮太さん(59L)と江上雅彦さん(60L)が編集委員として編集に参加する月刊誌「さかん」が発行されました(発行所:株式会社コーパス)
平仮名書きの「さかん」は「左官」のこと。
 
家作りに欠かすことの出来ない壁づくりのプロのための業界誌ですが、創刊号の特集は「2008年第11回ヴェネツィア・ビエンナーレ建築展コンペティション」についての座談会。左官業には関心がないとしても、建築に関心がある人、もの作りに興味のある人にとっては興味津々の内容です。

忘れられ掛けた「漆喰(しっくい)」作りの技術について等、日本の建築文化や伝統技術を考える材料が満載の雑誌です。寄贈を受けた創刊号は梅根記念図書館と小関研(A棟611)にあります。

年間予約(12冊¥8,400)

★この情報は、総合文化学科の小関先生から寄せられました。
 
sakan.JPG
 

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ