授業風景 |  2008/01/07

プロゼミは和光大学の創立時から続いているユニークな制度です。
大学で勉強する上で必要な力を身につける、ゼミナールの入門的位置づけとなっていて、1年生での必修科目です。
(表現学部では同様の内容で、基礎力ゼミという名前で開講しています)

心理教育学科では、昨年12月中旬にプロゼミの合同発表会と交流会を開催しました。そのときの様子を、浅井幸子先生からレポートしていただきました。


-------------------------------------------------

12月12日(水) 心理教育学科 プロゼミ合同発表会&交流会
 
 心理教育学科の1年生は5つのプロゼミにわかれ、それぞれのテーマに即した調査研究を行ってきました。
その成果を共有すること、他のプロゼミのメンバーと交流することを目的に、12月12日、プロゼミ合同発表会&交流会が開催されました。

 主催者は各プロゼミから集まった実行委員です。
11月の初旬から水曜日のお昼休みに話し合いを重ね、発表会と交流会のプログラムを決め、食べ物や飲み物を買い、会場や当日の機材を準備してきました。

 実行委員は9時集合、会議室ABCで会場の準備を行います。
席を設置して、服部ゼミの発表用ポスターを貼り付け、伊藤ゼミが発表に使うプロジェクターを設置。
ペーパーフラワーやミニツリーの装飾が、ちょっぴりクリスマス気分です。

 料理担当の浅井ゼミも同じく9時集合。80人分の豚汁と水団と白玉団子をつくります。ところが時間通りに来た人はたった2人。
大根8本、人参10本・・・大量の野菜たち。完成するのか?まずは黙々と野菜を切ります。
「すごい量だねー」「・・・」思わず給食のおばさんを尊敬した瞬間でした。
なんとか煮込みに入ったものの、大きな寸胴に入った大量の水はちっとも沸騰しません。
そんなこんなで豚汁はなんとか完成したものの、水団と団子は未完成のまま会場に運ぶことに・・・。

 プロゼミごとに席につき、1時から発表会がはじまりました。
最初は梅原ゼミの発表です。4つのグループが行った研究の成果を、配布された冊子に即しつつ、口頭で説明していきます。
子どもの遊び場、障がい児教育、いじめといったテーマについて、フィールドを訪ねて話を聞き、あるいは文献を調べて考察したことが語られました。
冊子もとても充実しています。
児童文庫グループの発表では絵本の読み聞かせが行われ、しっとりしたいい時間が流れていました。

 休憩をはさんで坂爪ゼミの発表。皆でコミュニケーションゲームを行います。ゲームの内容は・・文章で説明するのは難しいなあ。
2ないしは3つのモノ(「トラ」と「ヘビ」)に関する説明が5人のメンバーそれぞれに渡され(「しまもよう」と「長い」、「四足歩行」と「手足がない」など)、それを口頭で言い合って何かをあてるゲームで、時間も競います。
よく工夫されたゲームで、みんな夢中になっていました。とくに梅原先生、オトナゲなく本気で競争・・・。

 次は平和の文化をテーマとする伊藤ゼミの発表です。
一人ひとりが個人テーマに即して調査したことを、パワーポイントを使ってプレゼンテーションします。
イラク戦争について、憲法9条について、手話について、コミュニケーションについて、カウンセリングについて、「平和」を軸としながらもテーマは多様です。
考えさせられることの多い内容でした。

 そして服部ゼミの発表。
こちらはパーソナルコミュニケーションをテーマに行われた個人研究が、ポスターセッションのかたちでプレゼンテーションされます。
音楽とか、エリクソンのライフサイクルとか、バーナム効果とか、こちらも多様な個人テーマが並びます。
その場に発表者が立っているので、あまり気負わずに質疑応答できるのがポスター発表の醍醐味ですね。
とりわけ鋭い突っ込みを入れてまわっていたのが服部先生。
発表者はタジタジです。

 外が暗くなってきました。
もう4時半をまわっています。ここで席がえ。
プロゼミのメンバー以外の人と仲良くなろうね、という趣旨です。

 最後は浅井ゼミの発表です。
「親のライフヒストリーを聞き書きしてます」ということを2、3分で説明。
それで終わり?いえいえ後は料理で発表です。
親から聞きとりを行った料理にまつわるエピソードとともに、豚汁と水団を振る舞います。

 白玉団子は?実は硬さがうまく調整できなかったのと、ガス欠を起こしてしまったのとで、途中で放り出してしまいました。
残念。ガス欠問題は深刻で、実は豚汁と水団も危うかったのです。
無事に食べてもらえてよかった、よかった。

豚汁と水団を食べながら交流会に突入です。実行委員の司会でビンゴゲーム。
それからサンタに扮した実行委員がお菓子と飲み物を配ります。これもちょっぴりクリスマス気分。ステキな演出でした。

とにかくみんなの一年分の成果がてんこ盛り。アタマいっぱい、オナカいっぱい、大充実のプロゼミ発表会でした。
一年生の皆さん、これからもたくさん学んで遊んで、大学生活を満喫してくださいね。(了)

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ