公開講座 |  2007/10/22


「新・世界都市物語②」 〜ジャカルタのいま・むかし〜


10月19日(金)に鶴川駅前のぱいでいあホールで「新・世界都市物語」 第2回が行われました。
今回は、インドネシアのジャカルタ。
講師は本学経営メディア学科のバンバン・ルディアント先生です。
今回は23名の参加で、今回もインドネシア好き・アジア好き・旅好きな方が多く参加してくださいました。

071019toshi.JPG
インドネシアでよく見られるシャツを着た先生。(これでも地味な柄なんだとか・・)


司会の加藤先生の紹介のあと、英語で講義をはじめるバンバン先生・・。
受講生達はみんなびっくり!今日は英語での講座なんて聞いてないわ・・って顔で
心配そうです・・。数分後、バンバン先生は「日本語にしましょっか!」なんて。
会場はそれでぐぐっと和みました。

肝心の講座の内容ですが、「ジャカルタ」の名前の由来、街の歴史、
そしてバンバン先生がジャカルタを好きになれない理由、
とインドネシア出身の先生だからこその視点で話が進められ、
受講生の方々は興味深く、時に笑い、時に質問しながらのあっという間の2時間でした。

さて、その中の一つ、インドネシアの話をご紹介。
インドネシアには苗字というものがないそうです。
だから、バンバン・ルディアント先生もどちらも名前であるとのこと。
しかも、名前はいくつでも自由なので、もっと長い人もいるそうです。
だから、女性は結婚しても姓名が変わらないとの事。
面白い国ですね。
続きを聞きたい方は、バンバン先生の研究室をどうぞお尋ねください。

次回 第3回「新・世界都市物語」は
10月26日(金) 「自然豊かなボルネオ島・ネコの街」
講師は経済学科の加藤巌先生です。

詳細はこちらhttp://www.wako.ac.jp/info/news_entry/305.html

お申し込みはopen@wako.ac.jp
*本学学生のみなさまは無料となります*

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ