畑中朋子ゼミ 「情報メディア・デザイン」

htanakazem800265

特定の文化や情報を、分かりやすく魅力的なコンテンツにして現代に伝える
このゼミでは、人に何かを伝えるための「インストラクションデザイン」、人が何かを学ぶことを支援する「ラーニングデザイン」、そして文化のエッセンスを時空を超えて伝える「国・地域のブランドデザイン」を主に扱います。各自の関心やスキルに合わせてキャラクターやビジュアル表現を生かした絵本や冊子、アニメーションといったコンテンツの提案・制作を進め、学内の広報物やイベントで発表します。

 

教員紹介

畑中朋子(ハタナカ トモコ)
「経験のデザイン」という概念があります。今まで技法書や子どもの教材、イベントやワークショップ、企業Webサイトや動画の企画制作に携わりましたが、共通するのはユーザーに応じて情報を分かりやすく(ときめく様に?)伝えるストーリー立てです(原稿提供先:アスキー出版、日本経済新聞社、グラフィック社、美術出版社、CG-ARTS協会、デジタルハリウッド他)。
また、経済産業省等の事業で国・地域の伝統的な文化資源を現代に生かす企画にも参加。史跡の旅とレトロ着物が趣味です。身体を使った取材やアナログ素材とメディアを組み合わせ、新しいデジタル表現を生み出しましょう。

 

職位 専任准教授
専門分野 教育コンテンツデザイン、メディア芸術支援学
担当講義 情報メディア・デザイン/ゼミナール
情報表現の基礎、クリエイティブ・キャリア研究、デザイン描画法 他
リンク
畑中ゼミ生によるLINEスタンプ・アニメーション(ゼミナール共通課題)
キャラクター・アニメーション・バイブル(翻訳)
絵コンテの宇宙―イメージの誕生(共編著)
新日本様式への挑戦 再生するジャパン・ブランド(共著)
クエストエデュケーションプログラム/企業探究プログラム(協働企画
ぶんきょうHappyVegetable大作戦(協働企画・ロゴ・コンテンツ・イベント)
(※技法書/Webは流動性が高いため過去参考例まで)

授業風景・ゼミ活動の様子

アート

 

・大坪晶ゼミ「現代写真・映像工房」

・佐藤勲ゼミ(現代の造形表現・立体工房)
・詫摩昭人ゼミ(現代絵画・絵画工房)
・佐藤克久ゼミ(コンテンポラリーアート・絵画表現工房)
・山本直彰ゼミ(日本画研究)

 

デザイン

 

・世利幸代ゼミ(コミュニケーション・デザイン)
・倉方雅行ゼミ(プロダクト・デザイン)
・畑中朋子ゼミ(情報メディア・デザイン)
・近藤 忠ゼミ(ヴィジュアル・デザイン)

 

プランニング

・野々村文宏ゼミ(メディアと編集)
・半田滋男ゼミ(ヴィジュアル・アート)

・松枝到ゼミ(イメージを読む)