学科紹介

専門分野とカリキュラム

 

芸術学科には、アート系、デザイン系、プランニング系の3つの系と14のゼミがあります。
これらは相互に関連付き、補完しあっています。入学後に各自の専門を少しずつ深めながら、表現技術の習得を目指すと共に、歴史や理論を学んで幅広い視点に触れることの出来るカリキュラムを組んでいます。
「講義バイキング」で自分だけのカリキュラム

和光大学の特徴は、学部学科の枠を超えて、各自の興味に合わせて自由に学べる「講義バイキング」という履修システムを導入している点です。アーティスト、イラストレーター、編集者になるためには絵画やデザイン、美術史など、どの分野の知識も欠かせません。また、アート系、デザイン系、プランニング系に軸足を置きながら、他学部の専門科目、たとえば「映像文化論」「心理学」、「エンターテインメント経済学」、「マーケティング論」や、資格系科目等を取るなど、一人一人が自分に必要な知識や経験を得るために、オリジナルのプログラムを作って学んでいます。

4年間の学び

1年次に少人数制による「プロゼミ」や専門基礎科目でアート、デザイン、プランニングの基礎を学び、2~3年次からそれぞれの専門分野や関心のある分野のゼミを履修します。4年次では1つの専門のゼミに絞り、卒業論文や卒業制作としてその成果をかたちにしていきます。

 

少人数制で基本を学ぶ「プロゼミ」 

少人数制により、レポートの書き方や発表の仕方などの基礎を学びます。1年前期には、芸術学科の学生に必要な「作品批評のしかた」「作品を作る時のアイデアの出し方」などをテーマに取り組み、後半からは各教員が専門分野を紹介し、実技や講義を通して授業を進めます。

幅広い分野の開講科目から選ぶ「専門科目

senmonkamoku2アート系の専門科目では、油彩、日本画、版画、彫刻、映像などを中心とする造形技術を習得します。デザイン系では、デザインの歴史を振り返るとともに、IT時代の新しいデザイン思考を学び、即戦力を養成します。プランニング系では、書物や雑誌の編集のみならず、カタログや作品集の作り方、展覧会の企画、美術史などにも取り組みます。これらの3系列の科目を自由に組み合わせて履修することができます。

「フィールドワーク」でアートやデザインの現場へ

和光大学では現場で体験する事を重視する「フィールドワーク」と呼ばれる現場体験学習に力を入れ、実社会で経験する事を授業の一部に取り入れています。芸術学科でもヨーロッパへのデザイン研修やヴェネチアビエンナーレ見学などの海外フィールドワーク、国内での美術展見学や企画演習など様々な学内外でのフィールドワークを授業として実施しています。

実践を通して専門性を深める「ゼミナール

アート、デザイン、プランニングの3つの系から自分の専門分野を見つけ、各ゼミ教員のもとで研究テーマを決めて制作や研究をしていきます。アート、デザインなどの実技系のゼミナールは、学内の展示室や学外で積極的に作品を発表。プランニング系のゼミナールは、雑誌の編集や展示の企画、作品鑑賞、作品批評を重ねます。

4年間の成果をまとめる「卒業制作・卒業論文

ゼミ教員の指導のもと、自分の表現や考え方をまとめていきます。卒業制作は、油絵、映像作品、アニメーション、立体作品、日本画、デザイン、版画などジャンルを問わず、“自分にしか作れない”作品を制作。プランニング系の学生は、多くの作品鑑賞や文献を通じてテーマを決め卒業論文を発表します。これらの作品は学外のギャラリースペースで発表し、企画・広報・カタログ制作まで学生が行い、鑑賞者の視点を考えた展示や運営も行います。

取得できる資格

本学科では、所定の科目の履修によって以下(図●印)の資格を取得することができます。
「教諭1種 美術(中学1種、高校1種)」

「図書館司書」「学校図書館司書教諭」
「博物館学芸員」「社会教育主事」
※また、他科目(図*印)の教員免許を取得することも、他学部科目を履修することよって可能です。
資格課程とは別にキャリア支援という形でその他の資格取得も応援しています。→詳しく

資格一覧

参考リンク

開講科目詳細をご覧になれます。講義内容は年によって変更する可能性があります。
芸術学科科目一覧・WEB講義要目(参考)

 

より詳しい情報は以下へ

・和光大学入試情報
・大学案内や過去問題集の資料請求(テレメール)
・オープンキャンパス、相談会

 

その他、学費や奨学金、環境等の情報は以下へ
・学費・奨学金・環境

 

・専門分野についての詳細は以下へ
・教員・ゼミ