学生インタビュー#3

自由な学風に惹かれて〜原田さん(2013年度入学)

harada320
近隣の高校から進学し、入学時から「妖怪キャラクター好き」として知られていた原田さん。友人との共同制作による妖怪カレンダー、手製本の深海魚図鑑、アクセサリーの制作販売など多彩に活動しています(写真は店長を務めた大学祭模擬店と展示作品の一部)

デザインを学び、やってみたいことにどんどん挑戦!


Q. 和光大学の芸術学科に入学を決めたきっかけは何でしたか?

芸術系の専門を意識し始めたのは高校1 年頃でした。その時点で明確な将来像を見出していなかった私は、様々な大学を見て廻り悩んだ末、他校と比べて学費が比較的手頃で、近隣で通学しやすく、何よりその自由な学風に惹かれて和光大学への入学を決めました。

Q.現在、主にどのような分野に関心を持って学んでいますか?

気になる講義は片っ端から受講し、現在は数ある分野の中で特に興味のあったグラフィックやコンテンツのデザインについての専門知識を突き詰め作品制作をしています。
また、制作に行き詰まった時、芸術にこだわらず全く別の分野に目を向けてみると、そこから思いも寄らぬアイデアやヒントが浮かんでくることもあり、この大学の多様性を実感出来ます。

Q.3年次までに履修した専門の授業について、具体的に教えてください

・グラフィックデザインの基礎
Illustrator、Photoshop、Indesignといった代表的なグラフィックソフトウェアについての基礎的な技術を学びます。
・文字とデザインの基礎
アナログ、デジタル双方の実習を通して想像力を養い、デザインの大きな要素であるレイアウトの力を身に付けます。
・現代美術の立体表現研究
インスタレーション作品を中心とした現代アートの数々を紹介、それに沿った個人やグループで課題制作に取り組み、学内でインスタレーション展示を行います。
・情報メディア・デザイン
イラスト、アニメーション、キャラクター等々、それらを生かした企画発案、デジタルコンテンツやグッズ展開などが中心のゼミナールです。


Q.授業以外にも何か創作に関わる活動をしていますか?

授業外でも、高校生向けにワークショップを行ったり、地元のアート系イベントにボランティアとして参加したり、趣味のハンドメイド小物を大学祭で出展するなど「やってみたい!」と思ったことにはどんどん挑戦しながら大学生活を楽しんでいます。


Q.今後はどんなことに挑戦したいですか?将来の目標等は?

将来は、グラフィックデザイン関連、広告やCMなど、印刷物や映像を主に手掛ける仕事を目標にしています。また、「遊び心」をテーマに、趣味のもの作りと掛け合わせて新しいデジタルコンテンツを作り出すことは出来ないか、と目下模索中です。