学生インタビュー#1

大学と子育てを両立〜落合さん(2014年度入学)


ママさん学生として、育児と学生生活を両立しながら、ゼミでの作品制作や学生主体のイベント準備などにも積極的に関わっています。(写真は、絵が大好きな8歳の娘さんの要望で大学祭にファミリーで参加した時のスナップと、大学祭ゼミ展に出展した絵画作品です)

資格課程・絵画制作・海外研修などパワフルに活動!


Q.現在、主にどのような分野に関心を持って学んでいますか?

A.絵画に興味があり、油彩を学んでいます。今は日本画・彫刻・アートカタログを制作する授業をとっています。

Q.今後さらに学びたい分野、目指す資格、将来の目標等はありますか?

A.美術教師になることが目標で、中高の教員免許と司書教諭免許の修得を目指しています。今後さらに日本画、版画、テンペラ、写真等を学びたいと思っています。

Q.ご自身の通学と子育てはどのように両立していますか?1日の行動パターンは?

A.家族のサポートがあるので両立出来ています。 8時頃に子どもと共に家を出て大学へ行き、先に帰宅した子どもを夫の両親にみてもらっています。
他の学生は大学のアトリエに残って制作していますが、私は大学を16時過ぎ〜18時頃までに出るようにし、夕方以降は家で子どもと一緒に勉強したり絵を描いたりするか、子どもが寝た後に1時頃まで制作や勉強をしています。また、1年次のデッサンはその場でしか出来ないので、授業の空き時間や早朝に描いていました。

Q.和光大学の芸術学科に入学を決めたきっかけは何でしたか?

A.夫が卒業生であることや、教職課程の存在もありますが、絵画・彫刻・デザイン・テンペラと様々なことを学べるという点、そして和光大学の先生の作品を観て「ここで学びたい!」と決めました。


Q.子育てによるブランクを経て大学入試を検討するにあたり、何か心配な点はありましたか?

A.学科試験のある一般入試を考えていたのですが、説明会で会った先生から「AO入試(面接とレポートまたは実技)でも受験できる」とのアドバイスをいただき、ホッとしたのを覚えています。英語はすっかり忘れていたので…


Q.夏休みに参加した、ヨーロッパの海外研修はいかがでしたか?

A.普段も休日は子どもとの美術館巡りが多いですが、1週間の旅行で美術館を6か所も巡れて、大学から入館料補助があって、贅沢な時間でした。何より他の学生さんと楽しく過ごせてとても楽しかったです。


Q.他のママさんや社会人から大学を目指す人などに、アドバイスやコメントがあればどうぞ・・

A.和光大学の魅力は、様々な授業を選び、自分に合った時間割で学べる環境だと思います。学芸員・教職・司書と様々な資格課程がある点も大きいです。色々な分野の先生方が、一から丁寧に教えてくださるので、楽しく学べると思います。