入試情報


芸術学科の入試について
以下、様々な入試方法があります。入試に関する最新情報は「入試日程・募集要項」にてご確認下さい。
日程に余裕がある場合はオープンキャンパス(相談・模擬授業・アトリエツアー等)への参加をお勧めします。

入試日程 早見表(2020年度入学分)

  • *AO入試の授業体験方式は、「授業体験とレポート作成」と面接による授業体験方式、ワークショップや面談を通して適性を確認するエントリー方式の2つで、エントリー方式については6月〜8/4のオープンキャンパスで受付(さらに上記期間内に願書送付)→詳細
  • ** 特待生選抜:一般入試の2科目合計8割以上の得点により、初年度学費が95万円免除される制度です →詳細
  • 推薦制入試(指定校推薦)については、所属高校の進路指導部にお問い合わせください。推薦制入試(公募)は、願書をお取り寄せください。

 

  • ***特別入試:対象:留学生/帰国生/社会人/中国等引揚(AO入試、推薦制入試、一般入試、センター試験利用入試への出願も可能)留学生については、日本語能力の条件があります。→詳細
  • ****2年、3年次への編入学:大学/短大/専門学校/高専/海外の学校で学んだが対象。「入学試験出願資格審査」があるため事前に問い合わせを。 →詳細

 

選考方法や目的による選び方(参考例)
  • 自分に合っているか見極めて受けたい→オープンキャンパスや説明会(通常時も事前連絡により見学可能)に参加の上、じっくりご検討ください。AO入試や推薦入試を選択する方が多いょうです。

 

  • できれば初年度授業料免除を希望 →一般入試には特待生選抜があります(2科目合計8割以上の得点)。先にAO入試や推薦入試で合格確定後に挑戦することもできます。

 

  • 自宅が東京から遠い→一般入試前期(英・国方式)は全国8会場で受験可。大学入試センター試験利用入試は、書類のみで受験可能。早めに進路を決めたい人はAO入試・推薦入試も一日で受験することが可能(AO入試のエントリー方式の場合は個別面談等予約が必要なため、来学前に詳細日程をお問い合わせください)。

 

  • ぎりぎりでも間に合う試験を探している →一般入試後期、大学入試センター試験利用入試(B 日程)

 

  • 実技か作文、面接で受けたい →AO入試、推薦制入試、一般入試(学部方式)があります。AO入試ではコラージュのワークショップ参加(エントリー方式)またはレポート(授業体験方式)、推薦制と一般入試の一部では実技(コラージュかデッサン)または作文の選択もあります。詳しくは願書と過去問題集をお取り寄せください。

 

  • 国語/英語が得意。他学科と併願 → 一般入試(英・国方式)があります。
  • それ以外の2科目が得意。他学科と併願 → 一般入試前期(2科目方式)
  • 学科1科目+実技で受けたい・芸術学科単願→一般入試(2科目選択方式)で実技選択可能です。

 

  • 留学生や海外帰国生、社会人である→特別入試、AO入試、推薦制入試、一般試験も可能です(オープンキャンパスの学科別ブースでも相談可能)。
  • 他大学、短大、専門学校、高専等で学んでいた →編入学試験 (留学生や他大学在学生、既卒社会人等、経歴に応じて2,3年次編入できる場合もあります)

 

「Web出願」とは?

一般入試/特待生選抜・大学入試センター試験利用入試は「Web出願」になりました。
資料を取り寄せる時間が短縮でき、AO入試や推薦制入試に比べて検定料が安いという特徴があります。出願完了にはWeb上での入力後、出願書類(写真票、調査書等)を印刷して締切日までに大学へ郵送し、入学検定料を納入する必要があります。時間に余裕をもって臨みましょう。
出願最終日(10時~14時)のみ、大学窓口での受付も行っています。

全国8会場で受験可能な試験も

一般入試前期(英・国方式/特待生選抜)の受験会場は、仙台、新潟、大宮、長野、千葉、小田原、静岡、和光大学(東京都町田市)です。

「特待生選抜」とは?

一般入試前期(英・国方式、2科目方式)と後期(英・国方式)において2科目合計で8割以上得点した者「全員」を特待生として選抜します。特待生は、1年次の授業料(85万円)と施設設備資金(10万円)が免除されます。AO入試・推薦制入試合格者も挑戦可能です(別途検定料が必要)。2科目方式では幅広い学科の他、実技を選択することも可能です。
※また、これ以外にも奨学金や授業料減免などの学生支援制度があります。

「編入学・転部転科」とは?

芸術学科では国内外の美術系短大や専門学校卒、他大学(文系・理系)や本学他学科在学生からの2、3年次編入等を数例受け入れています。社会人や留学生も含め背景は様々ですが、専門性を広げたい、より美術を学びたいという意思は同じです。
個人の興味に合わせてカリキュラムを組めるため、基礎的な科目も2、3年次から履修することが可能です。出願資格には細かい指定があるので、まずは入試広報室(044-988-1434)にお問い合わせください。

試験対策は?

実技の対策には、オープンキャンパス<じっくり体験タイプ>や実技教室に参加することをお勧めします。作例や実施レポート(コラージュ作例)も参考になるでしょう。出題範囲と持ち物、材料等については、「募集要項」や「過去問題集」もご参照ください。問題の内容をよく確認し、正しい文字遣いで、原稿用紙をほぼ埋めるように書きましょう。
・実技・作文等の試験についてもご覧ください。

資料へのアクセス

 

相談会・オープンキャンパス

・芸術学科のオープンキャンパスの詳細は、こちらをご覧ください。
・個人でのキャンパス見学や入試相談も可能です。下記の入試広報室へご連絡ください。