11/30-12/19 杉浦藍先生参加「部屋と庭 隔たりの形式」

「彫刻表現の基礎」ご担当の杉浦藍先生が参加する展覧会が、武蔵野美術大学美術館にて開催中です。

同時期には、日本画ご担当の山本直彰先生の退任展も開催していますので、是非合わせてご覧ください。

 

「部屋と庭 隔たりの形式」

会期:2020年11月30日[月]−12月19日[土]

会場:武蔵野美術大学美術館 展示室1(〒187-8505 東京都小平市小川町1-736)

時間:10:00-18:00(土曜は17:00閉館)

日曜休館

入館無料

*新型コロナウイルス感染拡大の状況により、会期が変更となる場合があります

*来館時の注意事項

 

私たちが生活する「部屋」には、家具や日用品といった見なれた事物が遍在すると同時に、目に見えない時間や記憶が折り重なり、私的な気配が漂います。そして内的な部屋と接する「庭」は、外的空間へと接続する中間域であり、外と内への視線が交じりあう曖昧な領域として、世界と私たちを不確かに隔ちます。部屋は内的な小宇宙を包みこむ容れ物のように、庭はその先にある外界との距離を確かめる隙間のように、私たちの世界をかたどる形式として、存在しているといえるでしょう。

本展では「部屋と庭」をめぐり想起される様々な事象―日用品と記憶、時間と痕跡など―を起点として、現代作家7名の多様な表現が集います。彼らの作品によって織りなされた「隔たりの形式」は、見過ごしがちな日常の風景のなかで、大きく揺らぎ、かたちを変えていく世界の姿を再認識するひとつの試みとなりえるかもしれません。

(展覧会HPより転載)

 

 

01

 

 

 

 

02