「サトヤマアートサンポ 2019」始まりました!

「サトヤマアートサンポ 2019」が始まりました。

初日の今日はお天気にも恵まれたので、マップ片手にぐるりと歩いてきました。

以前岡上に住んでいた私でも「こんな場所があったんだ〜」と思う所が結構あり、散歩しながらそれぞれの作品を探すのはたのしかったです。

11月3日(日)まで開催していますので、ぜひお出かけください。

 

2015年から4年間、川崎市麻生区黒川地域で開催された「サトヤマアートサンポ」は、地域の皆さまのご理解も得られ、好評を博しました。

そこで2019年秋にはその手法を生かし、大学に隣接する岡上地域(川崎市麻生区)に舞台を移し、地域の数カ所、野外をフィールドとして、主に学生作品を展開します。

若者らしい着想に満ちた作品を、岡上の風景を眺めながら散策することで、岡上の良さを発見し、アートと地域が出会う場を生み出します。

 

「サトヤマアートサンポ 2019」

会期: 2019年10月28日[月]− 11月3日[日]

会場:小田急鶴川駅南口~和光大学までの岡上地域・岡上梨子ノ木特別緑地保存地区 (片道約45分 )

マップはこちらをご覧ください

入場料無料

主催:和光大学地域連携センター

協力:岡上町内会、岡上西町会

後援:川崎市麻生区、NPO法人しんゆり・芸術のまちづくり

 

16の作品展示の他にも、アート散策ツアーなどイベントが開催されます。

展示作品やイベント詳細は公式ウェブサイトをご覧ください。

 

〜〜

 

1. 《栞》藤巻瞬 インスタレーション|写真

01_1

 

 

01_4

 

 

 

途中で会った猫。

01_road

 

 

 

2. 《巡るぐるぐる》武藤百香 インスタレーション

02_1

 

 

02_2

 

 

 

3. 《ボルト虫探し》細沼凌史 インスタレーション|金属探知機

03_1

 

 

03_3

 

 

 

4. 《祈り》岡夢野 インスタレーション|鶴

04_3

 

 

 

今まで知らなかった、岡上の景色。

04_road

 

 

 

5. 《或る可き処『無力の歯車』》武宮太雅 立体|石

05_1

 

 

総合案内板や道の途中にあるルート看板は、倉方ゼミが制作しました。

05_road_kurakata

 

 

 

6. 《水の流れ》増田裕介 インスタレーション

06_1

 

 

06_3

 

 

 

7. 《盲目の代償》蜜叶夢蒼樹 インスタレーション|テント

07_1

 

 

 

 

8. 《気吹》小島萌 インスタレーション|花

08_1

 

 

08_3

 

 

和光大学構内にも、小島さんのインスタレーション作品を展示してます。

08_4

 

 

08_5

 

 

こちらも倉方ゼミ制作の看板。ルートの要所要所に設置してあります。

08_road_kurakata

 

 

 

9. 《めくめくめく》佐藤克久 インスタレーション|木枠

09_1

 

 

09_3

 

 

 

 

12. 《逃走の線 op.621-梨子ノ木緑地》詫摩昭人 インスタレーション|絵画

12_1

 

 

 

 

13. 《path No.2》佐藤勲 インスタレーション|音

13_1

 

小屋の中から音が聴こえてきます。。

13_3

 

 

 

梨子ノ木緑地も初めて足を踏み入れました。

13_road

 

 

 

14. 《記憶》上原安深・小泉尚輝・鶴田剛・中田瑤子 インスタレーション

14_1

 

 

 

15. 《水生洞窟》関口旺・高根宗志・植田瑛二 インスタレーション|水琴窟

15_1

 

 

15_2

 

 

 

16. 《跳べないスラックライン》細沼凌史 インスタレーション

16_1

 

 

16_2

 

 

 

 

10. 《Face Scan》大坪晶 インスタレーション|写真

10_1

 

 

 

11_1

11. 《スギ花粉そしてTIPICO》安田早苗 インスタレーション|木彫