10/7-10/19 半田滋男先生 企画監修 「渡辺好明 遺作展」開催

ヴィジュアル・アートご担当の半田滋男先生が企画監修された『渡辺好明 遺作展』が開催されます。
みなさまぜひお越しください。

会期=2019年10月7日[月] – 10月19日[土]・日休
会場=表参道画廊+MUSEE F
時間=12:00-19:00(最終日17:00まで)
企画=表参道画廊
企画監修=半田滋男
協力=岩間賢、小瀬村真美、渡辺勝明


ギャラリートーク=10月7日(月)16:00 – 18:00
登壇者:坂口寛敏(東京藝術大学名誉教授)
岩間賢(愛知県立藝術大学美術学部准教授)、他
司会:半田滋男(和光大学表現学部教授)
料金:無料
http://omotesando-garo.com/

————————

展覧会概要
開廊記念展及び故鷹見明彦氏の企画作家シリーズとして2009年に急逝された東京芸大教授の渡辺好明 遺作展を開催致します。

「プラトン立体や黄金比、フィボナッチ数列などの生成の法則とロウソク列の燃焼プロセスの相克に、光として現前し去りゆく時間の相を変奏する渡辺好明」(鷹見明彦企画展《SYNAPHAIー連系》2003年より抜粋)は、ロウソクを用いた屋内外のインスタレーションで周知されていますが、ドイツデュッセルドルフやバウハウス大学などとの交流展またフランス大使館での企画等多くを手がけ幅広い活動で現代美術の一翼を担い、同時に学生たちの教育にも大きな貢献を残しました。

没後10年を迎え、この度はご遺族の多大なご支援のもと開催の運びとなりました。実作に接する貴重な機会になるかと存じます。是非ご高覧頂ければ幸いでございます。


DSC_0146_h

@ 内田芳孝「光ではかられた時ートーラス」1998 ガラ ス、蝋燭 2035x400mm 2点
齋藤記念川口現代美術館 1999