HOME理論活動朗読劇プロジェクト講師派遣経歴研究会誌書籍事務局


トランセンド(TRANSCEND)は行動する平和学者ヨハン・ガルトゥング氏によって設立された平和的手段による紛争転換の方途を探求、実践するNGOです。

本研究会は、主に日本において
(1) 紛争の転換に貢献すること
(2) トランセンド理論を研究・向上すること
(3) 市民に普及すること
を目的として2000年に設立されました。

人は誰でも、個人の内なるものから国際間のものまで、さまざまな紛争や葛藤に直面します。それらは悪事として抑えつけるべきものではありません。紛争、葛藤を正確に捉え、禍根を残すような安易な妥協をせず、共感、非暴力、創造性を活かし、超越点を見つけ出すことが肝要です。

本研究会はこれまでにトランセンド理論を用いた数多くのワークショップを開催し、二元論に陥っている社会を変革する視点を市民社会に普及してきました。
成果は会誌「トランセンド研究」や本サイトなどに公表されています。

本研究会は、平和の理論を追究し、紛争転換を実践する「ゆるやかなネットワーク」として、今後も活動を続けていきます。


現体制
会長 奥本京子
副会長 伊藤武彦
室井美稚子
武市秀男
事務局長 中嶋大輔
編集長 藤田明史
会員 約70名
更新 2010.7.14
【事務局より】
ウェブサイトは移行しました。新URLは www.transcendjapan.net です。
このURLは2011年度をもって閉じる予定です。リンクなどは上記URLへお願いします。

また、本サイトには、会員やガルトゥングの論文、メールニュースなどが掲載されていますが、無断転載、引用はお控えくださいますよう、何卒よろしくお願いいたします。

2010年3月22日 おおさか社会フォーラムにてワークショップを開催します。エル大阪7Fにて、南734教室にて、13:30から。
3月4日(木) ティム・ウォリス(非暴力平和隊国際事務局長)講演会
私たち市民は平和のために何ができるのでしょうか。もちろん、色々な方法があります。一つの方法として、市民が武器を持たずに紛争地に入って行く、という活動があります。市民による、非武装の平和維持活動は憲法9条のもとで日本市民がなしうる大きな国際貢献です。これについて、徹底的に考えてみたいと思います。
会場: 大阪女学院大学 第一会議室
時間: 15-17時
交通: http://www.wilmina.ac.jp/ojc/access

主催: 大阪女学院大学 国際共生研究所
共催: 非暴力平和隊・日本、トランセンド研究会
お申し込み・お問い合わせ: 大阪女学院大学 国際共生研究所
メール: riicc@wilmina.ac.jp(@を半角に直してくださぃ。迷惑メール対策です)
<参考ウェブサイト>
非暴力平和隊・日本 http://np-japan.org/
非暴力平和隊・国際 http://www.nonviolentpeaceforce.org/
10.1.10 メールニュース10年1月号を配信しました。こちらでご覧いただけます。
09.12.25 「トランセンド研究」7巻2号が発刊されました。目次はこちら。購入ご希望の方は事務局までメールでお願いします。会員は一部無料です。
09.7.10 ガルトゥング博士の講演「アメリカ帝国の没落と今後の世界の展望」を掲載しました。こちらでご覧いただけます。
09.7 『平和学を学ぶ人のために』(世界思想社)が発刊されました。詳細は世界思想社のサイトをご覧ください。
研究会の紹介チラシ(PDF)はこちら(別ウィンドゥが開きます)
(2009.1.12) ガルトゥングがガザに関するコメントを発表。日本語訳はこちら
トランセンド研究会会員以外の方も参加可能なメーリングリスト tran-ML へ参加しませんか。参加方法はこちら
2008年の経歴を掲載しました。数多くのトランセンド・ワークショップを開催することができました。
ガルトゥング講演「もう1つの東アジアを求めて」を掲載
『ガルトゥングの平和理論』が2006年8月に発刊
プロジェクトメンバー随時募集。詳細は活動をご覧ください
2009.11.27
京都にて2009年総会が開催され、2009年の会計監査、活動報告、2010年の体制の承認などが行われました。

2009.6.12(東京), 15(京都), 16(名古屋), 19(広島)
トランセンド研究会共催

Lee Jae Youngによるトレーニングワークショップ
「対話による紛争解決―対立をこえるもう一つのちから」

次号(2009年12月発刊予定)の「トランセンド研究」に報告が掲載される予定です。

プロジェクトJAPAN プロローグ「戦争と平和の150年」
ガルトゥング博士も登場。詳細はNHKのウェブサイトをご覧ください。
http://www.nhk.or.jp/japan/index.html

放送時間: 09年4月4日(土)午後7時30分〜8時45分

2009.3.23
トランセンド研究会と非暴力平和隊・日本が主催し「トランセンド研究会と非暴力平和隊・日本の交流会 〜<非暴力介入>を掲げるNGOの集い〜」を開催しました。詳細は09年6月発刊の「トランセンド研究」に掲載予定。

2009.2.8
ピースセミナー「平和創造の方法を共に考えるワークショップ 〜子どもたちに平和をどう伝えるか〜」をピース大阪にて開催。80名を超す参加者でした。詳細は09年6月発刊の「トランセンド研究」に掲載予定。


2009.2.2
ガルトゥング博士講演「アメリカ帝国の没落と今後の世界の展望」を立命館大学にて開催。100名以上が参加し、講演ならびに活発な質疑応答が行われました。
内容は09年6月発刊の研究会誌「トランセンド研究」に掲載されます。購入希望者は事務局までご連絡ください。

2008.4.5
済州4.3 60周年記念国際会議「加害と被害の枠組みをどう乗り越えるか―東アジアの和解と平和創造のために―」(発表:奥本京子、中野克彦、藤田明史)

2007.10.27
対談:ヨハン・ガルトゥング&武者小路公秀「どうする日本外交:創造的で非暴力的な転換への対話」を和光大学にて開催しました。

2007.5.5
アリシア・カベスード・ワークショップ
『戦争をなくすための平和教育』の著者アリシアさんによるワークショップを開催しました。

2006.10.21-22
Trainer's Training
これまでにトランセンド理論を学んできたメンバーのためのワークショップ。韓国からも4名が参加。和解やApologyに関する議論、朗読劇を読みながら問題点を話し合ったり、ガルトゥング博士からコメントがあったりと、充実したピースワーカー養成ワークショップとなりました。本ワークショップの内容は「トランセンド研究 5巻1号」に掲載されています。

本サイトはMozilla Firefoxでご覧頂くと適切に表示されます。本サイトは中嶋大輔が作成しています。ご意見は事務局ページから中嶋までお願いします。